おまとめローンは本当におトクなのか?

おトクになるには条件があります。それは現在借りている貸金業者よりも金利が低くなり、シミュレーションによって毎月支払う金額が少なくなれば、おトクになるでしょう。おまとめローン銀行は借金の一本化をする目的とした商品になっていますが。利用者によってはマイナスになることもありますので要注意です。

たとえば数社の貸金業者から借りており、数社は金利18%の消費者金融で1つは金利14%の銀行カードローンとします。その借金の一本化のために活用するおまとめローンが15%の金利であれば、総額も安くなりますし、毎月支払う金額も少なくなることに期待を持てます。ただ数社借りているのが銀行カードローンで金利14%を、おまとめローンで解決しようとすると総額は高くなりますので、そのような状況では要注意です。

また金利が低いおまとめローンを利用する場合、あまりないことですが、毎月の支払いがおまとめローンの方が高くなるようは場合もありますので要注意です。おまとめローンのメリットとして金利が低くなることで総額を支払う金額が少なくなることと、毎月の支払いが楽になることにありますので、このメリットを阻害されるようであれば、おまとめローンの利用をすることは失敗と言えます。

一般的には大変お得になるのがおまとめローンという認識になっていますが、利用者の状況によってはマイナスになってしまうこともあります。簡単に入力をすることでシミュレーションをすることができますので、まず行って確認をしましょう。