キャッシング初心者の為の知って置くべき注意点

初心者は消費者金融や銀行からキャッシングをする場合.どのようなことに気をつけなければないでしょうか。まず気をつけるべき点はどのくらいの年利を払わなければいけないかの計算です。年利は即日借りれるキャッシング会社によって異なりますが、どんなに多くても20%を超える事はありません。もし20%を超えて年利が設定されていたとしたらそれは違法になります。
では、10万円を借りて15パーセントの年齢が発生する場合を考えてみましょう。10万円の年利15%は1万ご5千円になりますので、1年後には11万5,000円のお金を返していなくてはいけないのです。10万円を借りただけで余分に1万5,000円の支払いをしなければならないのが年利の15%になります。もし、借り入れる金額が100万円で、年利が10%が10パーセントならば1年後には110万円のお金を支払わなければならないことになります。このように、借りたお金以上に余分に支払わなければならない額を事前に予測しておきましょう。
次に問題になるのが審査基準です。銀行でも消費者金融でもキャッシングをする場合には必ず審査があります。審査の基準は業者によってそれぞれですが、いずれの業者もその借主が本当にお金を返してくれるかと言う金銭的な信頼が出来るかどうかを基準に審査をしています。ですので、過去にお金を借りて踏み倒した場合などは審査に通りません。ちなみに消費者金融と銀行では銀行の審査の方が厳しくなります。